アメックスゴールドは”雨金”、ダイナースは”茄子”、では”階級”は何のカード?

 

「雨金」という言葉を聞いた事がありますか?

読み方は、「あめきん」です、これはアメリカンエキスプレス・ゴールドカードのことを指す言葉です。

アメックスゴールドを、略して「アメ金」という言葉で呼ばれています。

このように、ステイタスが高いクレジットカードには、愛称のような名前がつけられる場合が多いです。

アメックスゴールドの年会費29000円+消費税は本当に価値があるの?

特に、掲示板のようなところでの、クレジットカードの議論される場合によく、隠語のような物が使われます。

アメリカンエクスプレス→「雨」
ダイナースクラブ→「茄子」
三井住友カード→「蜜墨」
JCB→「国産」

JCSがなぜ国産と呼ばれるかというと、唯一、日本国産発行の海外ブランドのクレジットカードだからなんです。

JCBカードが国産と言われるのは、少しひねりがあって、面白いですよね。

それ以外にもカードの色によって言い方が変わります。

ノーマルカード→「平」
ゴールドカード→「金」
プラチナカード→「白、白金」
ブラックカード→「黒」

これは、そのままという感じですね、ただアメックスグリーンの場合は、「雨緑」と呼ばれる場合もあります。

「雨金」→アメックスゴールド
「雨黒」→アメックスセンチュリオン(アメックスブラック)
「平茄子」→ダイナースクラブカード
「黒茄子」→ダイナースブラックカード
「蜜墨金」→三井住友プラチナカード(プラチナカードですが券面は黒色なのでこう呼ばれます)
「国産金」→JCBザクラス

JCB THE CLASSは、JCBブラックと呼ばれたり、「階級」とも呼ばれます。

このようにステイタスの高いクレジットカードには、雨金のような愛称で呼ばれる事があります。

アメックス公式申し込みページ

ワンランク上の生活が体験できますよ!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。