アメックスの審査基準は「甘い?」「厳しい?」無駄な質問ですよ!

 

アメックスの審査が甘い?厳しい?と言う情報がネット上で出回っています。

しかし、この質問は大きく間違っています、アメックスに限らず、クレジットカード会社の信用供与は個別与信担っているので、不特定多数の人に対して、「甘い?」「厳しい?」という質問自体が間違っていると思います。

例えば、無作為に選んだ100人の人が申し込んで65人が審査に通るカード会社Aと、同じ100人が申し込んでの95人が審査に通るカード会社Bがあるとすれば、Bのほうが審査が甘いという事は言えると思います。

しかし、クレジットカードの審査はそんな単純な話ではありません。

例えば属性(年収、勤続年数、所属企業規模、役職、不動産の有無、住んでいる場所等)の低い順で言えば、「消費者金融系<流通・小売系<信販系<銀行系・独立系」の順になります。

流通系の代表としてイオンカードや楽天カードの所有者と、三井住友VISAカードやアメックスカードの所有者を比較すると、確実に後者の方が属性が高いですね。

イオンカードとアメックスでは、属性の低い人が持つカードと属性の高い人が持つカード、という分け方は出来ると思います。

ネット上でアメックスの審査が甘いという言葉が、たくさん転がっていますが、この情報はかなりアテにならないと思って下さい。

そもそも、アメックスは、トラベル&エンターテイメントカード(T&Eカード)なので、通常のクレジットカードと同じような使い方や、年収500万程度では使いこなせないカード担っています。

文字通り、トラベルとエンターテイメントに特化しているクレジットカードです。

言い換えると、アメックスは、生活に余裕があって、年に何度かは旅行に行く人で、趣味としてゴルフなどをされている人が持って、真の効果を発揮するカードです。

余談になりますが、ホワイトハウスの公式カードは「American Express」であり、アメックスは歴史がある企業でFortune500に入る優良企業です。

日本での収益構造は年会費メインにしていますグリーンカードでも年会費12600円なので、日本の普通のクレジットカード会社とは、そもそも考え方が違います。

年会費を「高い」と思うような人が、持ってもアメックス本来の力は発揮できないと思って下さい。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード公式サイト

よくネットでは、クレジットカードの審査に通らないような人が、「AMEXは審査が甘い」と行っている事があります。

アメックスの審査が甘いとか厳しいとかの議論は無駄であり、このカードを使いたい人か使いこなせる人が持つ特殊なクレジットカードだと思います。

もちろん見栄を張るだけのために持つのも全然ありだと思います、大事なのはこのカードを自分のために使える人が持つカードだと思います。

アメックスに興味がある人だけが申し込みするのが一番良い選択だと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。