Apple payのSuicaは1円単位でチャージ出来ます!

 

アップルペイのSuicaのチャージは、クレジットカードを登録しておけば、1円単位でお金をチャージ出来ます。

今まで、関西圏のICOCAを使っていましたが、無記名のICOCAは1000円単位でしかチャージが出来ませんでした。

コンビニやキヨスクで使ってしまうと、どうしても1円単位の端数が出来てしまうんですよね。

この1円単位の端数は、どうやっても使い切る事が難しいかったんですが、Apple payのSuicaなら簡単に帳尻を合わせる事が出来ますよ。

チャージ方法は、簡単ですよ。

ただし、普通のクレジットカードを登録しておかないと出来ません、プリペイド式のクレジットカードでは1円単位のチャージが出来ないので注意して下さい。

Apple payで普通のSuicaにチャージするだけで金額が指定出来ます。

実際に、15円だけチャージしてみました!!

Apple payのSuicaが必要なくなって、残高を0円にしようとした場合、切符の価格の金額にちょうど合わせて電車に乗るだけで、Suicaの残高を0円にする事が出来ます。

普通のクレジットカードを登録していない人は、1円単位のチャージが出来ませんが、普通のクレジットカードを登録しておけば、電車に乗りながらきちんと価格を合わせて電車に乗って、残高を0円にする事が出来ます。

ICOCAやnanacoなどの、電子マネーは1円単位の端数がどうしても出来てしまいますよね。

でも、Apple payなら1円単位でチャージが出来るので、端数が残った電子マネーのカードが無くなりますよ。

アップルペイのSuicaなら1円単位でチャージ出来るので、かなり便利に利用出来ますよ!!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。